蒼天の拳2 フェイク前兆発生率からのモード推測は天井・ゾーン狙いに活かせるか??

banner (65)

■龍フェイク前兆発生率から「モード推測狙い活用術!!」

蒼天の拳2のフェイク前兆発生率が判明しました。

結構打たれている方や天井狙いされている方は
気付いていると思うんですが
特に200、400のゾーンはフェイク前兆が発生したり、
しなかったりしますよね。

どちらかというとしない方が多いですよね。

今回フェイク前兆発生率が判明したことにより、このフェイク前兆の発生の有無によってモードがある程度推測できそうです。

このモード推測を活かした有効な立ち回りが可能なのか考えて見たいと思います。




---------スポンサードリンク---------

モード移行とG数解除を確認!

まずは宿命の刻終了時のモード移行率とゲーム数解除の振り分けについておさらいしたいと思います。

まずは、表にまとめましたのでご覧ください。

■モード移行率

■ゲーム数解除振り分け

設定1だと基本的にはほとんどがモードAになります。
そこから段階的に下がっていき設定6でも半分の移行先がモードAですね。

モードBは400、600のゾーン、モードCは200,400,600のゾーン期待度が上がります。しかし、設定1に関してはモードBは10%、モードCは10%しか移行しません。

設定1の75%であるモードAは600のゾーンまではゲーム数解除はほぼ期待できませんね。

フェイク前兆でモード推測!!

今回判明したフェイク前兆発生率でモード推測を行い、天井狙いに活かせないかを考えてみます。
(フェイク前兆とは液晶の下の中央にある龍玉のカウンターが発動している前兆のことですね)

まずは、フェイク前兆発生率をご覧ください。

【フェイク前兆発生率】

この表から分かることは、

・モードAは200のゾーン
・モードBは200,400のゾーン
・モードCは200,400,600のゾーン

でフェイク前兆が発生しやすいということですね。

400Gくらいから天井狙いをしてフェイクが来なかった場合はモードA濃厚となるため期待値や時間効率が下がるでしょう。
ただし、蒼天は自力解除がメインなので、フェイク前兆が無かったからと言ってやめるようなレベルではないと思いますね。

他に余程良いエナ台がある場合は除いて、そのまま打ってもいいと思います。

天井期待値に関してはこのようになっています。

■天井期待値
200G +190円
300G +1030円
400G +2290円
500G +3590円
600G +6110円
700G +8520円
777G +10480円
※設定1、AT後即ヤメ
引用元【2-9伝説】様

他に考えられるのは、「200のゾーン狙いこみでフェイク前兆を有無でモードCを狙う」という方法です。

まずは、ゾーン狙いの期待値をご覧ください。

■ゾーン期待値
80~100G +40円
200~225G +170円
※設定1、100Gで前兆なしorAT後で即やめ
引用元【2-9伝説】様

見てもらっても分かるとおりゾーン狙いの期待値としては非常に弱いです。

先ほどのモード移行率と合わせて考えると、設定1でモードCには10%しか移行しないので厳しいのかなと思います。

余裕があれば、蒼天のシマを通りかかった際などに200Gのゾーンを確認できる余裕があれば覚えておくと天井狙いに活かせそうですね。(確認の際はマナーは守りましょう)

ただ、モードC移行率が低いので優先度としては高くないですね。

仮に200のゾーンでフェイク前兆が確認できていれば、ほぼモードCなのでかなりボーダーを下げて狙っても問題ないと思います。

-まとめ-
・400のゾーンでフェイクが発生しなくても他に余程の台がない限りは続行。
・200のフェイク前兆の有無の確認込でのゾーン狙いはモードC移行率が低いためきびしい。
・余裕があれば200のゾーンのフェイク前兆の有無を確認する。
(確認の際はマナーは守りましょう)
⇒その後、その台が空いていればボーダーを下げて天井狙いしても良い。

■蒼天の拳2 記事一覧
蒼天の拳2 スペック・天井・解析情報
子役確率解析
天井期待値・ゾーン期待値
龍フェイク前兆発生率から「モード推測狙い活用術!!」

スポンサーリンク